フランチャイズを活用して塾を運営してみよう

男女

通販業を営むときに必須

通信販売を行う仕事をするときにはクレジットカード決済への対応が必須になっています。決済にかかる手数料は業者側が払うのが原則になっていて、カードブランドごとに契約をしなければならないのが基本的な仕組みです。

資格取得も行っておきます

ウーマン

飲食店を経営する場合には、各所への届け出書類が必要となり、その中に特定資格などを提示しなければならない場面もあります。開業するまでには、店舗の確保や修繕工事、様々な物品の仕入れなども必要になりますので、経費を算段しながら進行していく様にします。

手軽で安く手に入る

国旗

中国輸入代行業者を選ぶことで、まず中国からの商品を手に入れることが簡単になります。もちろん低価格で商品を購入することができるので、利用しやすいことがメリットとなっています。それぞれの業者に独自の魅力があるため、比べてみましょう。

地域に合わせた経営を

先生と生徒

あくまでも経営者は自分

フランチャイズの塾を経営する場合には、フランチャイズ本部によるサポートが受けられます。塾経営や生徒募集に関する研修や、事務作業、電話受付の代行など、受けられるサポートは数多くあります。まずは、これらのサポートを最大限に活用することで塾の経営を安定させましょう。とはいっても、自分の塾のことを一番わかっているのは自分であることを忘れないで下さい。フランチャイズ本部は塾経営のプロであるので頼りにはなりますが、地元の情報や地域の保護者の教育に対する姿勢などは、実際に生徒や保護者に関わっている経営者、つまり自分でなければ感じ取ることができません。私立の中学校がない地域で小学生向けの教室を開いても生徒数が増えないのは当たり前です。また、私立の中学校がある地域でも、その中学校の評判や公立中学校の雰囲気などでも小学生から塾に通わせたいという保護者の意識は変わってきます。一人っ子の家庭が多い地域か、兄弟の多い地域かによっても戦略を変えていく必要があります。同一地域にある他の塾と自分の教室とを常に比較し、競争に勝つのか、あえて住み分けを図って一定の生徒数を確保するのかの方針も重要です。フランチャイズの塾はフランチャイズ本部の知名度や信頼度により、一定の集客力があります。この知名度や信頼度を活かすためにも情報発信は大切です。フランチャイズ本部には定型のチラシデザインがあるので、折りこみチラシを作る際も発注のみで出来る場合があります。しかし、子供を塾に通わせ始める時にはネットで十分に評価できないと不安になる親もいるのでウェブでの情報発信も必要になってきます。フランチャイズ塾の経営を成功させるためには、本部のサポートを十分に受けながらも、自己努力も必要であることを忘れないでください。